イメージトレーニング(メンタル・リハーサル)

イメージ・トレーニング(メンタル・リハーサル)

緊張する原因を明確にした後は、最後の仕上げに、イメージ・トレーニング(メンタル・リハーサル)と呼ばれる作業を行います。
これは頭の中で実際の場面を想像しながら自分の理想に近い状態をイメージするのですが、あくまでも過去の自分ではなく、これからこう変わりたいと願っているイメージで振る舞えている自分を想像します。
トランス状態で、頭の中で繰り返される自己イメージは、脳内に新たな学習(条件回路)を形成します。
この形成された条件回路が、現実の環境の中で反映され、新たな自己像として行動できるように変わっていきます。
よく、頭の中では想像できるんだけど、現実になると元の自分に変わってしまうから意味がないと嘆かれる方がいます。
それはイメージ・トレーニングの考え方とやり方が間違っています。
イメージ・トレーニングを正しく実行できれば、脳内に新たな回路が形成され、新たな自己像が形成されていきます。
もちろん過去に経験した記憶としての脳内回路も残っています。しかしそれが反応しないように、新たな回路を適応するようにできるのです。
たとえ頭の中だけで繰り返されたバーチャルの世界であったとしても、脳内回路においては実体験との違いはなく、バーチャル体験が今自分が置かれている現実に反映されます。
考えてみてください。たとえば、人前で立派に話ができた経験を持っているとします。その経験が支えになって、次に人前に出る時にそれほど緊張せずに行動できたとすれば、それは最初の経験の時に脳が学習(経験)したことです。この脳の学習(経験)が次回に反映されたわけですが、1回目と2回目の環境や状況が違っていても、脳に刻まれた自信には違いがないのです。それと同じで、頭の中で繰り返されたバーチャルな経験も、脳にとっては、かなり違った現実環境であっても、その本質が抽出され実行されるのです。人の脳はそれほど適応能力が備わっているのです。
催眠を活用したイメージ・トレーニング(メンタル・リハーサル)の効果は絶大なのです。